おすすめ!

一都三県の緊急事態宣言が2週間ほど延びたけど、他の地域では常時0人になっている所も増えている

一都三県の緊急事態宣言が2週間ほど延びたけど、他の地域では常時0人になっている所も増えている

最近はもう、毎日出ている新規感染者の人数をチェックしている人は少なくなっていると思いますが、やっぱり緊急事態宣言が出ている一都三県だけは突出して感染者数が未だに多い状況です。

先日、かなり少ない数字になったので少しこのまま減って行くことを期待したのですが、やっぱり油断している人が多い様でまだまだ1日当たりの感染者数が東京では300人を超える日もある様です。

他の3件の方では、時々2桁の人数に下がる事もありますが、3桁に乗ってしまう日もあるので宣言が解除されない理由がココにあると思います。

そんな中、日本全体の新規感染者数が分かる地図を見てみると分かるのですが、結構0人をキープし続けている県が増えているのです。

今年に入ってほぼずっと0人をキープし続けているのが秋田県で、多分もう1ヶ月間連続して0人状態なんだと思います。

東北地方では、宮城県と福島県以外は軒並み0人をキープしている県が多いので、そのうち東北では全体的に感染者が0になる日も近いかも知れません。

他、関東地方の近くでは長野県や山梨県が感染者数が少なくて、山梨県では1人か0人の日が多くて長野県ではここ数日は0人をキープし続けています。

四国も、もうすぐ4件全部が0人になる日も近い状況になっているので、緊急事態宣言が出されていない地域での予防対策の方がしっかりと出来ている印象があるのです。

東京とその周辺3県で感染者数が減らない背景にあるのは、人混みの多い所に出かけた時のマスクがウレタンマスクだったりするとか、人と対面して話す時のマスクが布マスクだけとか言う場合が多いのかも知れないので、飛沫をあまり拡散させにくい不織布マスクを着ける様に心掛けたり、常に自分でも除菌アルコールジェルやウェットティッシュを持参して行って欲しいと思います。

 

参考サイト  https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/