おすすめ!

何か嫌な事があっても、それよりも過酷な話を読んだり見たりすると元気になれる

何か嫌な事があっても、それよりも過酷な話を読んだり見たりすると元気になれる

普通に生活していて、普通に通勤したり通学して仕事や勉学に勤しんでいても、時々は何かしらが原因で気分が滅入ったり嫌な気分になったりする事もあるのが普通だと思います。

いつでも明朗快活な気分で生活出来ていたら気が楽なんですが、そんな状態が365日続いている人の方が異様な気がするのです。

色々な問題が積み重なって来ると、そのしわ寄せが精神的にキツくなって行ったりするのですが、それを解消する為に何をしたら良いのか分からない人も居る事でしょう。

ただ、多くの人は睡眠したりご飯を食べたり好きな事をしたりして気分を紛らわせたり解消して行ったりするのですが、その解消する何かを思いつかないと言う人は、何か過酷な運命を背負った主人公の小説や漫画を読んだりアニメやドラマや映画を観たりする事で、ある程解消出来ると思うのです。

でも、どうして過酷な運命を背負った主人公の話を見たり読んだりすると自身の気分が上向きになって行くのか?と言うと、自分よりも悲惨な運命を辿っている主人公に同情したりまたは、こんなに過酷な運命は自分だったら無理だな~と比較してみたりしているうちに、いつの間にか気分がスッキリ軽くなって行くのです。

つまり、自分よりも酷い人生を送っている人の話を読むと言う事は、こんなに自分の人生を下げない様にしようと思ったり、こんなに酷い運命を乗り越えている姿に勇気づけられて元気になって行くと考えられるのです。

と言う事で、もし今ちょっと気分がどん底とか滅入っていると言う人は、主人公がやたら苦労したり過酷な運命を背負わされている話を読んだり見たりして欲しいと思います。